トップページ パッケージ紹介 会社概要 サイトマップ お問合せ
メールの受信ができるが送信できない場合
メールの受信はできるが送信がエラーになってしまう場合はOP25B(Outbound port25 Blocking)の影響を受けている可能性があります。
設定手順をPDFでもご確認する事ができます。
右クリックをして『対象をファイルに保存』でご利用ください。
PDFファイルダウンロード OP25B 設定手順ダウンロード(PDF)
OP25Bが適用されるとどうなるの?
メールの受信ができるが、送信できなくなります。また、公衆無線LANなど、外出先のインターネット接続環境OB25Bを導入している場合も同様の影響を受けます。
OP25Bが導入された背景
近年増加の一途を辿る迷惑メール対策として、各プロバイダが導入をすすめてきたのが、「OP25B」です。
OP25Bイメージ図
OP25Bの仕組み
OP25Bは、メールの送信に使われる25番ポートをブロックし特定の条件下においてメールの送信を不可能とする仕組みです。
これは通常のユーザがメールを送信する場合と迷惑メールを送信している業者が使用しているメールサーバと呼ばれる物の種類が違う事が多いのを利用し、迷惑メールの送信を防いでいます。

OP25Bに対応した設定方法
メールの送信を行うには、以下の手順で行います。説明には代表的なメールソフト「Outlook Express」を使用しておりますが、他のメールソフトでも同じ様な手順で変更できます。詳しくは各メールソフトの説明をお読みください。
図1
【1】「Outlook Express」を開いて、『ツール』をクリックします。

【2】メニューが表示されるので『アカウント』をクリックして下さい。

図2
【3】『メール』のタブをクリックし、お使いのメールアドレスを選択します。

【4】その後『プロバティ』をクリックして下さい。

図3
【5】『サーバー』のタブをクリックし、送信メールサーバーの『このサーバーは認証が必要』のチェックが外れている事を確認します。
図4
【6】『詳細設定』のタブをクリックします。

【7】『送信メール(SMTP)』の数字を現在の『25』から『587』へ変更して下さい。

【8】その後『適用』をクリックして終了です。『OK』をクリックして画面を閉じます。

以上でOP25Bの設定は終了です。OP25Bでメールが送れなかった場合はこの作業で送る事ができるようになります。

 システム概要
 内訳・対応表
withプロモーションムービー上映中
[with]パンフレットダウンロード
記事利用可能なモデルルーム画像等ダウンロード
メールの受信ができるが送信できない場合について
withモバイル版へのアクセスはQRコードから!
メールでURLを送信する

※携帯で鍵が開くエントリーロック※
こちらからご購入いただけます。

このパッケージはおサイフケータイに対応しています
トップページ パッケージ紹介 会社概要 サイトマップ お問い合わせ